女の人

酵素サプリで毎日快調!ダイエットにも効果アリ

効果抜群の栄養素

栄養補助食品

特徴と歴史

DHAは青魚の油に多く含まれている必須脂肪酸のことです。正式名称としてはドコサヘキサエン酸と言います。分類上はオメガ3脂肪酸に分けられています。この成分は生活習慣病の予防に役立つものとして注目されていますが、この歴史については意外に知られていません。発見は比較的遅くて1970年代になって初めて発見されました。イヌイットの生活に注目していると心筋梗塞や脳梗塞などによる発症が少なく、その食生活の研究が行われるようになったのです。イヌイットはアザラシや魚中心の食生活であり、野菜は一切食べません。そこで、アザラシの脂肪を調べてみるとDHAが多く含んでいることがわかり、その働きによって血栓症による発症が少ないことが判明しました。

健康上の効果

動脈硬化や脳梗塞の原因は中性脂肪やコレステロールにあります。中性脂肪が身体にたまると脂肪が増えるだけでなく悪玉コレステロールも増やしてしまいます。悪玉コレステロールの増加によって血中濃度が高まり高脂血症になって動脈硬化や脳梗塞に至るというわけです。DHAはこの中性脂肪とコレステロールの値を下げる効果があるのです。しかも、善玉コレステロールを増やす働きもありますので、血液内のバランスが改善されてなおさら動脈硬化の予防になります。他にも、血液をドロドロの状態からサラサラにしてくれます。これは高血圧の予防やその合併症を引き起こす予防効果にもなります。DHAはからだを健康体に維持するのに必要不可欠な栄養素です。イワシ、さんま、マグロなどの青魚を日々食べるようにしましょう。